居宅介護支援フリーソフトの概要

Apple社のiPadで使用できる居宅介護支援フリーソフトの概要をお知らせします。

(内容を修正しました)

◇F43PLAN-2018

 

(2018年3月までの機能。その他の機能は4月以降)

◇対応サービス

  •  居宅サービス

11 訪問介護サービス
12 訪問入浴介護サービス
13 訪問看護サービス
14 訪問リハビリテーション
31 居宅療養管理指導サービス
15 通所介護サービス
16 通所リハビリテーションサービス
21 短期入所療養介護サービス (及び22, 23の一部)
27 特定施設入居者生活介護サービス
17 福祉用具貸与サービス

  •  介護予防サービス

62 介護予防訪問入浴介護サービス
63 介護予防訪問看護サービス
64 介護予防訪問リハビリテーション
34 介護予防居宅療養管理指導サービス
66 介護予防通所リハビリテーションサービス
24 介護予防短期入所療養介護サービス
67 介護予防福祉用具貸与サービス

  •  地域密着型サービス

76 定期巡回・随時対応型訪問介護看護サービス
71 夜間対応型訪問介護サービス
72 認知症対応型通所介護サービス
78 地域密着型通所介護サービス

  • 公費の適用

法別番号 10, 21, 15, 19, 54, 86, 51, 88, 87, 66, 58, 81, 25, 12

◇ソフトの構成(フォームとレポート)

(フォーム)

  • マスタ
    • 事業所
    • 事業所体制状況
    • 介護支援専門員
    • 利用者
    • 要介護認定
    • 公費適用
  • プラン
    • 利用票
    • 利用票別表
  • 給付
    • 給付管理
    • 給付費明細
    • 給付費請求

(レポート)

  • マスタ
    • 事業所一覧
    • 利用者一覧
    • 利用者認定情報一覧
  • プラン
    • サービス提供票/サービス提供票別表
    • サービス利用票/サービス利用票別表
  • 給付
    • 介護給付費請求書(様式第一)
    • 介護給付費明細書(様式第七)
    • 給付管理票(様式第十一)
    • 利用者別介護給付費一覧

◇動作環境

動作環境は、以下のソフトウエアに依存します。

  • データベースソフト
    ファイルメーカー社のFileMaker Go 15 または 16

◇サポート

ユーザー登録者には無料のメールサポート

 


※ご注意

パソコン側で使用するフリーソフトツール(FileMaker Proランタイム版)は取りやめる場合があります。

 

FileMaker Goからのファイル転送と伝送請求の仕方

フリーソフトはリリース前ですが伝送請求の方法について説明します。

フリーソフトに伝送機能はないため、FileMaker Goで作成したファイルはパソコンへ転送し、パソコンから伝送することになります。

FileMaker Goからファイルを転送する方法はいくつかありますが、Apple社のiCloudを利用する方法が最も簡単です。

 

◇ 環境設定

  • Apple IDを作成し、iPadとWindowsパソコンでiCloud Driveの利用設定。
  • FileMaker Pro ランタイム版ソフトのインストール。
  • 介護伝送ソフトのインストール。

 

◇ 伝送手順

  1. iPadのフリーソフトで請求データ(fmp12)を作成しiCloud Driveへ保存する。
  2. FileMaker Pro ランタイム版ソフトで、iCloudの請求データ(fmp12)から伝送用のCSVファイルを作成する。
  3. 介護伝送ソフトを使用し、作成したCSVファイルを国保連合会へ送信する。