介護予防の日割計算

介護予防訪問介護サービスの日割計算例

  • 月途中に要介護状態区分が変わった場合(要支援から要介護)
    [要介護認定]に新しい認定情報を追加します。この時に「変更日」と「変更前の区分」を入れ登録します。
    「変更日」は新しい要介護状態区分の適用開始日で、「変更前の区分」はこれまでの要介護状態区分のことです。また、変更前認定情報のうち「適用期間」の終了日を変わる前日に直す必要があります。
  • 月途中にショートステイをした場合
    [提供票]のショートステイ日に「0」を予定と実績の両方に入れます。

 

※どちらの場合も、サービスコードは日割りで登録する必要があります。